家族4人で中国留学「了」日記

♪愛がいっぱい波乱万丈一家のお茶の間公開中♪ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は天津、雪 降ってま~す。

風邪やインフルエンザの流行もまだまだ、これからとか・・・。

ウチの主人、昨年末からずっと風邪を引きずってて、治ったと思ったら

新たな異変が

先週の土曜日、らんまんズの前には「背中がねじれる様に

痛い・・・」
と言い出し、2次会から帰ってきたときには

じーちゃんの様な歩き方になってた!?

そう 「帯状疱疹」なる病気にかかってしまったのです。

「帯状疱疹」とは???
幼い頃、ほとんどの人がかかったことのある病気、水ぼうそう。
そのウイルスは、実は治ったあとも身体に潜んでいて、何かのきっかけで抵抗力が落ちるとまた発症してしまいます。これが帯状疱疹です。
水ぼうそうをおこしたウイルスは、治療後は身体のなかの神経節に隠れています。そして、疲れや風邪、加齢などで抵抗力が落ちた時に、再活動を始め神経を伝わって皮膚に現れ、非常な痛みを伴います。
痛みが始まってから水ぶくれが治るまでの間は、通常、約3週間から1ヵ月です。

ひえぇぇぇ~~~~、こんな病気、知らなかった
『その他にも知った事』
①最初の痛みはチクチクとした痛み。
②身体の左右どちらかに対象に水ぶくれができる(例:右お腹と右背中など)
③できる場所は様々だか、特に目や耳の近くに出来ると大変な事に!
④まだ水ぼうそうにかかっていない人にはうつる可能性も。
 (子供や妊婦には近ずかない)
⑤温めると良い。
⑥衣服かこすれても痛いのでさらしや包帯などでカバーすると良い。
⑦出来るだけ早く治療にかかると治りも早い。
⑧とにかく栄養と睡眠をとって安静に。
⑨治療が遅れると神経痛などの痛みが残る場合もけっこうある。
⑩おとなの10~20%がかかる割とポピュラーな病気!?

し、知らなかったー。。。

とにかく、この「痛み」
なった者にしか解らないくらい、痛いらしい。。。
特に「水泡」が出来る時。ジャイ父の場合はかかって4日目の晩。
夜中にふと目をさますと、ダーリンがベットに居ない!?
そして、リビングの奥から う、うめき声がぁぁぁーーー!!!
痛みのあまり、眠れなかったらしい。。。
「大丈夫!?」とか優しいフリして声をかけつつ、
「こんな痛そうな病気、うつりたくな~~い!」
とマジ、恐くて引いちゃいました(ダーリン、ごめん

その痛さは、1日半位で、今はもう、痛みは無いらしいけど

水泡の手当てが面倒。1日5回、クリーム塗れってお医者さんは言うけど

仕事しながら5回は無理!!ジャイ父の場合、年末の忙しさにまぎれ

風邪をずっと引きずっていた。。。

アレがいけなかった。。。


風邪は万病の元!


風邪はバカにしたら、ヒドイ目に会うね。
風邪で体力落ちてる時はしばらく「いい子」にしてなきゃ・・・ネ

・・・と言う訳で、「今」風邪を引いてる方、見てたら 気をつけてねー




スポンサーサイト
昨日はお友達と近所の市場へ・・・。

・・・の前に、市場の隣、私のお気に入りのケーキ屋さん「Bengons・ベンゴンズ」へ。

最近のお気に入り「イチゴのタルト」をお友達に御紹介♪
20070123185102.jpg

このタルト、直径15~6cmとチョッと小さめホールだけど、

お値段、な、な、なんと たったの18元


という「お手ごろ価格」&「お手ごろサイズ」なのだ!

チョッとした訪問時にも、自分の家にも気軽に買えるサイズと値段が気

に入っている。ママりん、オススメ商品なのだー

(いつも3時前には売り切れている事が多いので要注意。)

で、次は反対に お友達に教えてもらった「小みかん」
20070123185242.jpg

この「小みかん」(←勝手に命名。つまり、中国名を知らない

何度も見かけていたけど、日本で、ホラ、あの、お正月の「飾り」に使う・・・

アレと同じだと勝手に思い込み、何であんな美味しくないものお金出して

買うの位の勢いで完全無視!してました。

でも、薦められて買って一口食べたら・・・・・

おめめ、2倍に
何、これ!?
何、この「刺す様な甘さ」

う、ううっ・・・「小みかん」ちゃん、今まで無視して、ゴメン。。。
君が、こんなに美味しかったなんて・・・・。

大反省&目からウロコ

もう、イチコロで君にフォーリンラブな美味しさなのであります。

お値段は1斤(20個位)で4・5元(68円)な~り~

で、最後は仲良く新発見の「小セロリ」
20070123185346.jpg


日本の「セリ」位の大きさ。

普通の「セロリ」は「大セロリ」。

で、これは「小セロリ」って言うんだってフムフム。。。

八百屋のおじさん曰く、「根っこ」と「葉」の部分は切って捨てて

「茎」の部分を食べるんだよ、との事。(←たぶん、そう言ってた

でも、葉の部分も食べてもOKだけど、一般的には「茎」だそうだ。

「セロリ」とまったく同じだね

早速、買ってきて豚肉と一緒に強火でサッと炒めてみた。

味付けは少し多めのお酒とお塩。

味も極めて「セロリ」。でもシャキシャキ感が増してて、苦味が少なく

美味しかった~~~

それに大収穫は「セロリ嫌い」のウチの子が

「へぇ~、コレがセロリ・・・美味しいじゃん!!」との事

「セロリ嫌い」も食べられる「小セロリ」、是非、お試しアれ

今年第一発目の登場のジャイトン父です

明けましておめでとうございました!!

遅っ

ということで、先週の土曜日は、記念すべき第10回のらんまんズに参加してきました
もう10回目なんだよね~

今回も新しく、学生の方(女性)やお仕事で天津にいらした方(男性)
の参加もあり、楽しい会になりました

20070121120933.jpg


今回の場所は、 『福餚人間』

 住所:和平区南京路94号 友誼賓館1楼右側
 電話:02223309618


まだまだこんな美味しい中華のお店があるんだよな~


やるじゃん天津っ!!


久々登場のQuziGoziさんから、子供達にお年玉代わりの、お菓子缶?を
もらったジャイトン妹も喜んでいました~

でも
ボケを恥ずかしながら言うのは


修行が足りん!!


今回の、お年玉まで用意してくれた幹事、grandblue100さん、山芋シスターズのカエルさん&creoさん、本当にありがとうございました。


あっところで話は変わり・・・・
伊勢丹の前に、横断歩道ができとりました!!
20070121120911.jpg



これは便利かも!!

今回は初めてのバリだったし、ギリギリまでチケットが取れなくて

バリについては不勉強のまま行っちゃったんだよね~。

って事で、反省材料がいっぱい。


[ホテル]


今回泊まったバリ・ハイアットも良かったけれど、よく調べたらバリにはプライベートプールが付いてる様な小さいけど高級なヴィラがいっぱい。今度はそんなところもいいなァ~


[お金]


①北京空港で中国元から→まずはアメリカドルへ。で、これを現地で「ルピア」に換金して使うつもりだったんだけど、これが大失敗
北京空港で渡されたのは古い100$紙幣だったので、バリでの換金の際、ホテルでも銀行でも、どこでも断られてしまった。
町の換金屋さんで少し利率が悪かったけど、やっと取り替えてもらえた。みなさん、北京空港でドルに換金するのはやめたほうがいいみたい。

②いま、だいたい1000ルピア=1.25円なんだけどお金の計算が大変だった。ルピアはゼロがいっぱい付いてるので、なんかドキドキしちゃう。。。
「えっ!今、食べたの5万円のハンバーガー???」みたいな・・・(笑)
夕食代金160万なんてことも・・・落ち着いて計算すれば2万前後の食事なんだけどね。とにかく、最後まで計算に慣れなかったな。


[買い物]



我が家は変わり者が多いので免税店とか、ほとんど興味無し。
なので、免税店に置いてある一般的なお土産にも興味無し。
だいだい、何でバリなのにマカデミアン・チョコレート???って感じ。お土産は地元のスーパーへGOカップヌードルやボテチのバリバージョンとかおもしろい~あとは石鹸とか歯磨き粉にも必ず現地バージョンがある。
あとスパに置いてある自然素材100%のボディーオイルもこれはプルメリアのオイル。かさつく天津で南国の香り
20070117164444.jpg

バリの籐製品は素晴らしく高品質。カッチリ、しっかり編まれている。
自分用にポシェットを購入。
20070117164546.jpg

娘達が同僚やお友達に買ったお土産。軽い木で彫られたプルメリアに液を垂らして染み込ませて使う。下の籐の小物入れには娘が拾った貝殻が一杯、思い出に。
20070117164604.jpg

何と言ってもイチオシ皮製品。
上の娘は限りなく白に近いブルーグレーの皮でコートを作った。
コレはパパの。値切ったのもあるけど、1枚$100前後で作れる。2日で作ってホテルに届けてくれる。
バリに着いたらレザーショップへ直行しよう♪
20070117164652.jpg

次回は自分のコートやお財布とかもオーダーしたいな♪

って、また行くつもり!?

うわっ!


ご、ごめんなさーい



2007年、最初のらんまんズのお知らせ、とっくに来てたのに

書くの忘れてました

もう、今週の土曜日なんですけど、

「まだ、間に合うよ~」とか「暇だよ~」って方、いらしたら

どんどん御参加ください。

【日時】 1月20日(土)18:00~

【場所】 福食肴人間   ※「食肴」は一文字です。

【住所】 和平区南京路94号 友誼賓館1楼 右側 

【TEL】 022-2330-9618

初参加の方はこちらから会長・甘栗丼さんにメールして下さいね。

単身赴任の方・主婦・学生・年齢・性別・不問の楽しい

お食事会です。ではでは、お待ちしていま~す
2007・1・4
今回良かった事は、「リージェンシークラブ」のお部屋だった事。
この部屋だとクラブ専用ラウンジが使え、コーヒー紅茶お菓子のサービスがいつでも受けられる。夕方5時~はカクテルやワイン・チーズなどがFREEでいつでも飲める。お酒の好きな方には絶対、オススメ。
それに値段は一般のお部屋とさほど変わらず、チェックアウトタイムが
夕方6時までOKこれは助かるネ。
・・・と言う事で最終日はのんびりホテルのプール&ビーチで遊ぶ事に。

日焼けをしたくない女三人はこの木陰をGET。
右手はプール&クラブハウス、正面はビーチの絶好のポイント。
20070116201618.jpg

寝転んで上を見上げれば、プルメリアがたわわに咲き誇っている。
20070116201837.jpg

お花を散らした絨毯の様・・・。これを毎朝、はいてしまうんだから、もったいない
20070116201756.jpg

バリの人々は色んな神々に囲まれて生きている。
あちこちにかわいい「神様」が居る。毎朝、毎晩、その神様達に花を捧げる。この神様にも新鮮なプルメリアが耳に・・・
20070116201714.jpg

日焼けしたいパパはしっかりビーチに陣取って・・・。
20070116201951.jpg

・・・と思いきや、ナイスバディーのトップレスのお姉さん達をしっかりチェック

お、おいっ!!

20070116202027.jpg

娘達はプールBARでモンキーシェイクでゴキゲン
20070116202204.jpg

大好きなプルメリアをプールに浮かべたり・・・
20070116201918.jpg

アップにしてみたり・・・。携帯の待ち受けにするんだって。
20070116202253.jpg


オーダーしていた皮のコートもしっかり仕上がって、ホテルまで届けてもらえたよ!明日はまた-8℃の北京に戻る。娘が日本に帰るチケットはその次の日だから、北京の温泉に1泊する事にしました。
30℃のビーチから→-8℃の温泉へ。なんか、すごい計画だね(笑)
あ、あと バリの旅行のまとめも書くつもり。
お土産&買い物も大公開お楽しみに~
2007・1・3 昨夜からまた雨が降ったり止んだり。
天候の回復を祈りつつ、ホテルで朝食後「バリハイ・クルーズ」に参加。
各ホテルからお客さんを拾いつつ、ヌサ・ドゥアの突端タンジュン・ブノアまで車で移動。
そこから大きな船でマリンアクティビティーの拠点まで1時間程。
船の中ではコーヒー・紅茶・パンケーキ等が振舞われる。
民族衣装を着たお姉さんとも記念撮影。

一旦、どこかの小さな島に寄る。ココではヤシのみジュースが振舞われ、海ガメと写真が撮れたり、お土産屋さんを見学?その途中、すっごいスコールに見舞われる。今日、遊べるの~~???不安でも、その雲が通り過ぎたら晴れて来たーーガラス張りの潜水艦に乗って海の中も見せてくれたヨン何か色々、サービス満点1時間程で拠点の人口浮島に到着。トイレ・更衣室・ロッカー・タオル全て完備。

早速、シュノーケリングに挑戦ワァーイ、遊ぶぞ~私の足も、大丈夫みたい
「ママ、行って来まぁ~~す
20070115115658.jpg

下の娘が足が悪いと言ったら、娘のフィンをはずし、
このオジサンが付きっ切りで海の中を見せてくれました。ありがとう
20070115115733.jpg

ランチはチキンやエビのバーべQが食べ放題。
エビちゃん好き!?のパパは一人で多分20本位、食べたんじゃないかな
20070115115810.jpg

食後のマンゴスチン、バリうまっ
20070115115849.jpg

食後も お遊び目白押し。家族4人でバナナジュースじゃないバナナボート(ちなみにコレ、インストラクターのギャグのパクリ)
20070115115920.jpg

海に排出される豪快なスライダー。かなりの高さとスピードあり。
ママりん、豪快に排出されちゃってます。
20070115115947.jpg

シュノーケリングはこんな感じのお魚達がたくさん見れましたよ。
パンを持って、何度ももぐりました。
みんな、手まで直接、突っつきに来たりして、感動~。
パパや娘はすっごく大きなお魚にもあげられたんだって
20070115120013.jpg

夕方までたっぷり遊ばせてくれた「バリハイ・クルーズ」
TEL7871199大人一人$75これは、絶対お得
スタッフ全員、ものすごく親切でおススメです。



お夕飯はジンバランビーチの「海老壱」へ。この辺りは近くに魚市場があり、採れたてのシーフードを食べさせてくれる屋台やレストランが立ち並ぶエリア。
夕日を眺めつつ、新鮮なシーフードが格安で・・・たまりません

いけすの中から君を選んで、ゴメン
チョッと前までビンビン生きてた平ら海老のお刺身。日本円で2千円位?プルメリア模様のガラスのお皿も素敵。
20070115120051.jpg

本日のメイン。ロブスター。
グラムで計るんだけど、これは多分6千円位。
夢のように美味しかったよ~~~
20070115120244.jpg

海岸では結婚式が行われていました。でも、大変残念ながら、このエリア一帯、あと4日で全て取り壊されるそうです。「政府が決めた事なので・・・。」と海老壱のお兄さん、寂しそうでした。この景色とシーフード・・・きっともっとゴージャスなエリアになるんだろうな・・・。
20070115120356.jpg

だって、こんな 夕日が 見れるんだもの~。

20070115120427.jpg

刻々と変わる景色。
言葉を失って、ただただ皆で夕日を眺めたョ。
こんな素敵な一枚を残してくれて、ありがとう、パパ。
こんな素敵な夕日を見せてくれてありがとう、パパ。
みんな、ずっと、ずっと、忘れないョ。
20070115121058.jpg


明日は夕方の便で北京に帰ります。
でも、明日も一日、まだまだ 遊ぶよ~~
2007・1・2

今日はパパの熱も下がり、お天気も回復

でも私の足の事もあるし、パパも大事をとってもう一日のんびりDAY

バリのアクティビティーは空港を降りるとすぐに色々なパンフが

置いてあるから、それを取って来てホテルやビーチでのんびり吟味。

たいてい24時間日本語や英語で予約OKだから、次の日の計画は

前の晩に決めれば充分間に合う。

で、今日の午前中は女三人「至福のスパ」へ

パパはのんびりビーチで読書

ヌサドゥアにある「ジュプン・バリ・スパ」749-0979
3時間$70 ホテルからの無料送迎付き 全体のお庭
20070114155645.jpg


その後、こんな感じの隠れ家っぽい所で3人一緒にマッサージを
受けられる。(マッサージは一人に一人のマッサージ師が付くョ)
もちろん、彼と2人とかもOKみたい。
静かにかかるガムランと心地良いマッサージで、魔法にかかったみたいに夢の世界へ・・・
20070114155823.jpg

仕上げはフラワーバスと冷たいドリンク
20070114155925.jpg

今日だけは女王様気分
20070114215942.jpg

しっかり とろけた後はパパと合流してビーチで遊んだョ。
こんな大きな「ひとで」を発見。
子供達はこんな風に可愛く記念写真撮ってるのに・・・・。
20070114220133.jpg

何故、親がこうなる・・・???
20070114220039.jpg

ホテルのプール&プールBAR
20070114220223.jpg

このプールBARのハンバーガーがすっごく美味しかった
ビーチでも、どこでも、ちゃ~んと持ってきてくれるの
この容器を見て、見て
ヤシの葉で編んであるの、すっごくラブリー
20070114220300.jpg

お夕飯はバリの宮廷料理を食べに行きました。
これは鴨を色んなスパイスで味付けし、ヤシの葉で包んで焼いた
名物料理だそうです。でも、鴨料理は北京の方が勝ち!かな(笑)
20070114220410.jpg


明日はパパがお待ちかね。おさんに会いに行くよー
のアクティビティー、シュノーケリング&バーべQ
明日までに私の足、治るかな???ドキドキ、ワクワク
2007・1・1今朝は朝から雨。

今、バリは雨季、仕方ないネ。ここバリ・ハイアットはお庭が有名らしい。

確かに昔のバリのジャングルをイメージ出来る感じ。緑が深いので色んな

生き物も生息しているらしく、ディズニーランドのジャングルクルーズで

聞いたことがある様な色んな鳴き声が「生」で24時間、聞こえてくる。

雨のリゾートも悪くないなぁ~、うん、ココまではOK

ところが今朝はパパが発熱でダウン!

年末、かなりのハードワークで風邪をずっと引きずってたの。

いつもは一晩寝れば治る人なのに・・・しかも熱なんてめったにださないのに。

来るまでに心配かけすぎた???昨夜、脅かしちゃったから???

ま、今日は一日、ジャングルサウンドを子守唄にゆっくり寝ててネ

・・・と言う事で、私はパパの分まで張り切って、雨の中、子供達を連れて

ショッピングに。雑誌で勉強した皮のコートを作ってくれるお店へGO

私達の居る「サヌール」からショッピングエリアの「ヌサドゥワ」まで移動。

ところがこの雨、ただの雨ではなく、実は台風が来てるんだって

途中、大木が折れて車に倒れこんでたりしているのを目撃

目的地に着いたものの、一向に皮屋さんは見つからないし、雨脚も強まって来た。

道路が浸水し始める。雨で前が見えなくなって行く。

そんな時、歩道から次の歩道までの間が川になっちゃってて、

どう、渡ろうか一瞬、迷った挙句、水で浸水していない部分をねらって

大きく右足を一歩、踏み出した私。

えっ???


グギッ!


ボチャン!!!


・・・・・。

そうです。私が一歩踏み出した所は「浮いてる木の板」でした(泣)

しかも、私の長いサンドレスはチューリップの様に大きくふくれ、

そのど真ん中に「パンツまで川に浸かった私」。。。。。

しかも「ママー!大丈夫!?ホラ、掴まって・・・」と言いつつ

下の娘も ドボン!えっ!?お約束!?

ココまで来ると「サザエさん」を越えて「ドリフ@バリ」

仕方なく、適当な店に入り、着替えのサンドレスを其々何着か買いました。

ひざまで水に浸かり、水陸両用者のようなタクシーを捕まえ、なんとか

ホテルに戻りました。私達がホテルに戻ると雨も上がっちゃって、もう

あれは何だったのって感じ。


20070112183217.jpg

あ、これ、ちなみに足ね、私の・・・手じゃないョ。

完全にくじいてしまったらしく腫れ上がって足首なくなりました(笑)

腫れちゃったから、皮のサンダルの模様が付いてるの、見える?(泣)

意地で夕方、ホテル近くにレザーshop発見。

今日の目的「娘に皮のコートを作る」を何とか達成

お夕飯は昨日、行かれなかったハードロックカフェへ。

これがパパの今回のお宝。
20070112183251.jpg


ちなみにダウンタウンで御当地以外のピンバッジもGET
左からジャカルタ(クリスマスバージョン)
中央 レイク・タホ  右 ロンドン
20070112183327.jpg


珍道中、まだまだ続くよ

明日はお楽しみ、スパのレポート
2006・12・31大晦日、早朝。

まだ暗いうちに北京空港近くのホテルを出発。
中国に来て2年。こんなに大雪は初めてと言う位、降ってる。
飛行機に乗り込んで1時間半近く・・・。
もう、今日は飛ばないかも・・・と思い始めた頃、やっと離陸
シンガポール経由バリ行き。この日はほぼ移動日。
2006年が終わるまで あと2時間って時にやっとバリの空港の外に出る。
NewYearのカウントダウンで道路が込んでいるらしく、ホテルの送迎車をしばし待つ。天津から来た人間には何より嬉しい「湿気」と「海風の香り」
気持ちいい~~~


ホテルに到着。プルメリアのレイで迎えてもらう。
20070110202426.jpg

ウエルカムドリンクも南国~~~
20070110202509.jpg

お部屋。バス→ベッドルーム→バルコニーが見渡せて開放感満点!
20070110202536.jpg

本当は荷物を置いたらハードロックカフェでカウントダウンしたかったんだけど、渋滞で車が動かないから無理!!との事。
あ~あ、残念。。。
仕方なく「盛り上がれる場所」を求めてトボトボ歩くジャイトン一家。
カウントダウンまであと1時間。
どうなる!?うちらのハッピーニューイヤー
途中、モノにぶつかったのか?ヘロヘロ「歩く」こうもり君に遭遇したり・・・
20070110204517.jpg

と同じくらいの大きさのジャンボかたつむり君に出会ったり・・・
20070110204710.jpg

欧米人でにぎわうレストラン発見。
何にも期待していなかったのに、サービスも良いし
お食事も美味しい。新年10分前、お客さんに手作りの「ラッパ」が配られる。キッチンから手に手に楽器(中には鍋とかボールとか食器を持っている人も)を持ちガムランを演奏しつつ客席を練り歩く。
バリの人って、明るいんだね~~。
20070110204820.jpg


そして・・・
20070110211350.jpg

20070110205756.jpg

20070110205714.jpg


あけまして おめでとう!2007
こんな楽しいハプニングも知らない人とのふれあいも
旅の醍醐味だね♪

帰り道、後ろを歩いていた長女がこの紙のラッパをペロンてパパの首筋に・・・。

うわっ!と声をあげたパパ。

そして私と繋いでいた手を振り解き、再び道路にしゃがみこんで

ぐわあぁぁぁぁぁっ!!

みたいな悲鳴!?パパの脳裏に浮かんだのはなんと、あの

「こうもり君」だったらしいんです。

子供、バカうけ

こんな おバカな事でお腹を抱えて涙を流しつつ、歩いた夜道は楽しかったなぁ~。

こうしておバカなジャイトン一家のバリ一日目の夜は更けていきましたとさ!
『2006・12・30』旅行前日

当初の予定では31日、北京発の朝早い飛行機に乗るため
30日パパの仕事収めを待って、夜遅く天津から北京までで移動。空港近くのホテルに前泊してGOと言うことになってたの。
・・・なので30日は一日中、女三人で「天津食い倒れツアー」。
よる7時頃、楽しくお喋りしながら帰宅すると・・・

パパが居る!!??

「わぁ~!もうお仕事終わり!?早かったね♪」
「何でこんな日に携帯一日中、電源入ってないの?ずっと連絡してたのに・・・。雪で高速閉まっちゃったら北京まで行かれないよ?に乗れないよ!?頼んでた車、断られちゃったから列車の切符とって待ってたのに・・・どーーーすんだよ!!発車まで、あと25分だよ!?」
女1「ええええっ~~~!!!」
女2「・・・・・。」
女3「ご、ごめんなさい・・・。」

ということで、とても今から「楽しい旅行に行く」とは程遠い雰囲気の中、
女三人、ゴキブリのように静かにかつ敏速にカサカサと家中を走り回りあわてて旅行の荷物を詰める。空気、最悪。

私・心の叫び
「ヤバイ!やば過ぎるぜ、私!!」

パパは怒ると無言になる。
嗚呼~、この沈黙が痛い!またまた・・・って言うか「いつも」の私のドジ。最悪。なんで電源入れてなかったんだろう。なんで雪のこと考えなかったんだろう・・・ごめんなさい。。。行かれなくなっちゃったらどうーーーーーしよう。。。

こんな時って、ビデオに映像残ってたら、後でかなり笑えるんだろうケド、とてもじゃないけど、今は笑えない~~!

パパは既に荷作りを終え、列車を諦め、大きなトランクが2個入る車を必死で手配中

なんとか車を捕まえる事ができ、夜8:30天津出発。
夜中、北京空港近くのホテルに着き、無言のまま就寝。

こんなんで、大丈夫かな、旅行。。。

最悪の旅行、とりあえずスタート!?

明日に続く・・・。(下は気休め映像!?)
20070108084226.jpg

みなさま、大変に遅くなりましたが、今更ながら・・・

あけまして
   おめでとうございます


ジャイトン一家、この年末年始は 東京に住む長女と北京で落ち合い

こんな -8℃の雪降る天津から
20070108083131.jpg


こんな 31℃の南国・バリ島へ行ってまいりました。
20070108084013.jpg


気温差、なんと

39℃!!
前後の天津・北京泊も入れて9日間の珍道中&ハプニング
忘れないうちに、ちょっとづつ書いてみたいと思います。

あっ、えっと~・・・こんなジャイトン一家、今年も
日本と中国で其々頑張りますので、どうぞ 宜しくお願いいたします。

    ペコリ。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。