家族4人で中国留学「了」日記

♪愛がいっぱい波乱万丈一家のお茶の間公開中♪ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007・1・1今朝は朝から雨。

今、バリは雨季、仕方ないネ。ここバリ・ハイアットはお庭が有名らしい。

確かに昔のバリのジャングルをイメージ出来る感じ。緑が深いので色んな

生き物も生息しているらしく、ディズニーランドのジャングルクルーズで

聞いたことがある様な色んな鳴き声が「生」で24時間、聞こえてくる。

雨のリゾートも悪くないなぁ~、うん、ココまではOK

ところが今朝はパパが発熱でダウン!

年末、かなりのハードワークで風邪をずっと引きずってたの。

いつもは一晩寝れば治る人なのに・・・しかも熱なんてめったにださないのに。

来るまでに心配かけすぎた???昨夜、脅かしちゃったから???

ま、今日は一日、ジャングルサウンドを子守唄にゆっくり寝ててネ

・・・と言う事で、私はパパの分まで張り切って、雨の中、子供達を連れて

ショッピングに。雑誌で勉強した皮のコートを作ってくれるお店へGO

私達の居る「サヌール」からショッピングエリアの「ヌサドゥワ」まで移動。

ところがこの雨、ただの雨ではなく、実は台風が来てるんだって

途中、大木が折れて車に倒れこんでたりしているのを目撃

目的地に着いたものの、一向に皮屋さんは見つからないし、雨脚も強まって来た。

道路が浸水し始める。雨で前が見えなくなって行く。

そんな時、歩道から次の歩道までの間が川になっちゃってて、

どう、渡ろうか一瞬、迷った挙句、水で浸水していない部分をねらって

大きく右足を一歩、踏み出した私。

えっ???


グギッ!


ボチャン!!!


・・・・・。

そうです。私が一歩踏み出した所は「浮いてる木の板」でした(泣)

しかも、私の長いサンドレスはチューリップの様に大きくふくれ、

そのど真ん中に「パンツまで川に浸かった私」。。。。。

しかも「ママー!大丈夫!?ホラ、掴まって・・・」と言いつつ

下の娘も ドボン!えっ!?お約束!?

ココまで来ると「サザエさん」を越えて「ドリフ@バリ」

仕方なく、適当な店に入り、着替えのサンドレスを其々何着か買いました。

ひざまで水に浸かり、水陸両用者のようなタクシーを捕まえ、なんとか

ホテルに戻りました。私達がホテルに戻ると雨も上がっちゃって、もう

あれは何だったのって感じ。


20070112183217.jpg

あ、これ、ちなみに足ね、私の・・・手じゃないョ。

完全にくじいてしまったらしく腫れ上がって足首なくなりました(笑)

腫れちゃったから、皮のサンダルの模様が付いてるの、見える?(泣)

意地で夕方、ホテル近くにレザーshop発見。

今日の目的「娘に皮のコートを作る」を何とか達成

お夕飯は昨日、行かれなかったハードロックカフェへ。

これがパパの今回のお宝。
20070112183251.jpg


ちなみにダウンタウンで御当地以外のピンバッジもGET
左からジャカルタ(クリスマスバージョン)
中央 レイク・タホ  右 ロンドン
20070112183327.jpg


珍道中、まだまだ続くよ

明日はお楽しみ、スパのレポート
2006・12・31大晦日、早朝。

まだ暗いうちに北京空港近くのホテルを出発。
中国に来て2年。こんなに大雪は初めてと言う位、降ってる。
飛行機に乗り込んで1時間半近く・・・。
もう、今日は飛ばないかも・・・と思い始めた頃、やっと離陸
シンガポール経由バリ行き。この日はほぼ移動日。
2006年が終わるまで あと2時間って時にやっとバリの空港の外に出る。
NewYearのカウントダウンで道路が込んでいるらしく、ホテルの送迎車をしばし待つ。天津から来た人間には何より嬉しい「湿気」と「海風の香り」
気持ちいい~~~


ホテルに到着。プルメリアのレイで迎えてもらう。
20070110202426.jpg

ウエルカムドリンクも南国~~~
20070110202509.jpg

お部屋。バス→ベッドルーム→バルコニーが見渡せて開放感満点!
20070110202536.jpg

本当は荷物を置いたらハードロックカフェでカウントダウンしたかったんだけど、渋滞で車が動かないから無理!!との事。
あ~あ、残念。。。
仕方なく「盛り上がれる場所」を求めてトボトボ歩くジャイトン一家。
カウントダウンまであと1時間。
どうなる!?うちらのハッピーニューイヤー
途中、モノにぶつかったのか?ヘロヘロ「歩く」こうもり君に遭遇したり・・・
20070110204517.jpg

と同じくらいの大きさのジャンボかたつむり君に出会ったり・・・
20070110204710.jpg

欧米人でにぎわうレストラン発見。
何にも期待していなかったのに、サービスも良いし
お食事も美味しい。新年10分前、お客さんに手作りの「ラッパ」が配られる。キッチンから手に手に楽器(中には鍋とかボールとか食器を持っている人も)を持ちガムランを演奏しつつ客席を練り歩く。
バリの人って、明るいんだね~~。
20070110204820.jpg


そして・・・
20070110211350.jpg

20070110205756.jpg

20070110205714.jpg


あけまして おめでとう!2007
こんな楽しいハプニングも知らない人とのふれあいも
旅の醍醐味だね♪

帰り道、後ろを歩いていた長女がこの紙のラッパをペロンてパパの首筋に・・・。

うわっ!と声をあげたパパ。

そして私と繋いでいた手を振り解き、再び道路にしゃがみこんで

ぐわあぁぁぁぁぁっ!!

みたいな悲鳴!?パパの脳裏に浮かんだのはなんと、あの

「こうもり君」だったらしいんです。

子供、バカうけ

こんな おバカな事でお腹を抱えて涙を流しつつ、歩いた夜道は楽しかったなぁ~。

こうしておバカなジャイトン一家のバリ一日目の夜は更けていきましたとさ!
またまた行って参りました、

北京のすんごい温泉@10月バージョンでございます。

日本の方には説明不足のまま、更新お休みしててごめんなさい。

中国は今、国慶節と言う大きなお休みの時期で大体、学校も会社も

10月の1日(日)~8日(日)まで一週間の大型連休。

で、中国国内では人民大移動で観光地はどこも大変な人出になります。

そこでジャイトン一家、またまた 

隠れたパラダイス=北京の温泉へと癒されに行って来ました。


電車で1時間半、北京に着いてまずは向かったのが

前回でおなじみ「瓦屋らーめん」

現代城店
 朝陽区建国路88号SOHO現代城A座010-8589-4847
 11:00~夜中2:00

私のお気に入りは「しょうゆ・太麺」

ランチでサラダと好きなおにぎり1個ついて23元。かなりお得。
20061007144927.jpg

あ~あ~。。。天津にもあればいいのにな、このお店。。

しっかり腹ごしらえした後は数件先のセブンイレブンで買出し。

その後、東方銀座ビルの東直門より出ている送迎バスに乗って

いざ、しゅっぱ~~~~つ

(自分でタクシーで行くと50元くらい)

住所:北京市朝陽区東葦路金盛郷郁金香温泉花園度暇村
電話:8433-7800


20061007144946.jpg


今回のお部屋は3349号室。
20061007145003.jpg


ヤッホー!今回は、あの「蚊」が一匹もいな~い
20061007145017.jpg


湯船は前回よりちょっと小さめ。。。

前と同じって頼んだのになぁー。。。

でも、ま、いっかこれでも充分三人、入れるし。

(って結構、めんどくさがり&小心者)
20061007145033.jpg


やっぱり、ここ最高

とにかく、一旦チェックインしたら、24時間完全プライベート。

お湯を出しっぱなしで、そのスチームだけで癒されまくり

そして今回は私も気付けば「かかと」が・・・

「かかと」が・・・ツルツルにぃーーー

やっぱり泉質が最高

早朝・朝・昼・晩・夜中と入りまくり。。。

あああああああああああ、でも、まだ、足りないっ!!

今度は真冬も来てみたぁ~い

あ、でも、ドライヤー、くれぐれもお忘れなく。。。

前回の詳細記事はここ
昨日、御紹介した「北京のすんごい温泉」ホテル=「郁金香温泉」

「郁金香」は日本語でチューリップ

住所:北京市朝陽区東葦路金盛郷郁金香温泉花園度暇村
電話:8433-7800
部屋数:216
部屋の種類:7種類
施設内レストラン:火鍋・四川・広東
その他の施設:カラオケ・テニス・ボーリング・ロッククライミング
       ビリヤード・フィットネスジム・卓球・4D映画館・アーチェリー・マッサージ・釣り・茶室
無料シャトルバス:平日13:30.19:00の2本
         金~日は10:30を加える3本
         白いバンに赤文字でホテル名が書いてあります。

ホテルそのものは三つ星ですから
日本のリゾートを想像してはいけません。一応、施設も上記したように色々あるにはありますが、
さびれ気味。。。(ごめんなさい

その他、あくまでも、私達1回限りの訪問で感じた事ですが。。。

水のリゾートなのに部屋にドライヤーが無い。
蚊の楽園である。 

とにかく、この「蚊」ハンパじゃありませんでした。
部屋に入るなり、気になり、パチン 
                       あっちでも、パチン
こっちでも、パチン       パパもパチン        ママも、パチン
そのうち、競争になり、「23!」
「えええーーーーい28!」・・・と延々、競争し、最終的にママ38匹:パパ26匹で
執念深いママの圧勝 
(実は以外にもコレが楽しかった・・・むふふ

だけど、38+26=・・・って

なので、夏は絶対「蚊グッズ」フル装備、願います 
☆コンセント差込タイプ蚊取り
☆蚊よけスプレー
☆かゆみ止め
は持っていったんだけど、その他に、強力殺虫剤スプレー、必要ですね。
一応、部屋にマット式蚊取りが2器ありましたけど、足りないモン
私は蚊がプ~~ンとでも言おうモンなら、どんなに熟睡中でも、ガバッ!っと起き上がり、周りの迷惑省みず、電気をコウコウと点け、蚊をこの手に懸けるまで、絶対、寝れない女なのですっ!(って、鼻息、荒いョ。。。)

食事がイマイチ

食べてもいないのに、文句を言って申し訳ないのですが、施設内のレストランは上記の三種類。食べる気しないので市内に食べに行くか、買いだしてくるか。。。
我が家は今回、金曜の昼は市内で食べ、夜はプール内のレストランで(一人20元バイキング。かなり美味しくない)
土曜はのんびり寝て起きて、ブランチをコンビニで買い出したパン・お菓子で済ませ、夕方、市内に食事をしに行きました。
市内との行き来は上記の無料バスを利用するかタクシーで30~40元 

タオルはたぶん消毒されていない。
キレイで気持ちいいけど、消毒の感じはなかった。
私は中国に慣れてしまってて、大して気にはならなかったけど、日本からのお客さんや感染症などの衛生面が気になる方はマイタオルを持っていったほうがいいかも。正直、これはあんまり慣れて油断してはいけない部分だよね。

そして、一番イタイのが、部屋に冷蔵庫が無い!    

お風呂上りに冷たいビールは必須アイテムでしょ!?
一応、施設内の売店にビールや飲み物、売ってはいますが種類が少なく、私の場合、ビールは飲めないので冷たいお水やウーロン茶が飲みたくて、わざわざ市内のセブンイレブンで買って行ったお茶&パパのキリンラガーが冷せませんでした。凹 冬はこの辺り、相当冷えるでしょうから、必要ないのかな???但し、ここのお水はとても冷たかったので苦肉の策で洗面所に水を張って飲み物を漬けて冷しました。
でも、同じく買い出して行ったシュークリームはダメにしてしまいました。

さて、文句が続いたので、ココからは良い事
巨大プール&スパです。

入り口。平日98元(子供58元)週末138元(子供82元)
10:00~24:00(週末は~22:00)
20060814165729.jpg

入り口を入るとすぐ正面がフロント。男性は右手、女性は左手で靴を預け、替わりに腕にはめるロッカーキーをもらいます。
ボーリング以外は全てこのキーでキャッシュレスで遊べるようになっています。水泳帽が無いと遊ばせてくれないので売店で12元のキャップを購入。
20060814165803.jpg

日本ではスーパー銭湯にあるような水圧や泡の出るマシーンが色々あるんだけど、ビキニだと、ポロリになるから気を付けてネ。
だけど、日本人的にはこれらのマシーンをプールの水温でやられても寒いだけ。。。おまけに空調が入ってて、移動する時、鳥肌に・・・。
20060814165746.jpg

あと、金曜でまだ平日だったからかな?かなり人が少なくて、夕方にはもう、寂しい感じに。。。これって、夜中の12時まで、いたら、どんだけ寂しいんだろう??笑
スライダーも5本中、2本しか可動させてなかったし。。。
あと、食事はイマイチなので一日、ここで遊ぶならパンやお菓子、飲み物等、持ち込んだ方がいいかも。タオルはあるけどお子様には羽織る物を。でも、なんだかんだ言ってもかなり楽しいョ
20060814165819.jpg

あとは、施設内外でこんな子たちに遭遇!
オーナーが鳥好きらしく、鳥も色々見られる。
そのほか桃園・蝶園・などもあるらしいけど、あちこち建設中で足場が悪かったり、蚊が嫌だから、我が家はもっぱら、部屋にこもって温泉三昧のみ(笑)
20060814165834.jpg

かわゆい。。。
あっ、でも頼めば子羊の丸焼きがあるって書いてあったけど、
この子って。。。。
20060814165849.jpg


ふぅ~ 


明日は北京の美味しいラーメンあるョ!
ただいまっ!
さっき、「2泊3日北京小旅行」から帰ってきました♪
とにかく、2泊3日とは思えないほど、のんびり、ゆったり200%満足した「我が家の夏休み」だったので、書きたいこと、伝えたいこと一杯なんですが、第一弾の今夜は、今回の目玉、

北京の


すんごい温泉
について、書きますね。

第一弾:北京のすんごい温泉
第二段:ホテルのエトセトラ
第三弾:北京の美味しいラーメン
第四弾:中国で赤坂のお寿司!?の予定です。

まず最初は、この北京の日本人向け雑誌から始まりました。
これに中国のプチリゾートが幾つか載っていたんです。
もし、お手持ちの方はP18・19に載ってます。
20060813215519.jpg


天津発8:33の特快に乗り約10時に北京着。
地下鉄で移動して「飲茶」で昼食。
セブンイレブンで飲み物やお菓子を買出し。
午後1:30に東直門からこの「郁金香温泉」行きの
無料送迎バスに乗る。北京市内から30分程でホテルに到着。

でも・・・・
フロントは小さいし、あんまり綺麗じゃないし、予約入ってないとか
言われるし・・・この先が、かなり不安に。。。
やっと、予約の確認が取れ、お部屋のカードキーを受け取れました。
・・・って言うか、あれれ????
「お部屋」ではなく、一つ一つが独立した、ペンション風の「お家」みたいになってます。
20060813213858.jpg


縦長の「お家」の一間目。クーラーの効いたリビングルーム。

20060813213919.jpg


二間目、ベッドルーム。

20060813213936.jpg


三間目、左手の洗面所。
20060813213959.jpg


右手のシンプルシャワー&おトイレ。

20060813214027.jpg


そして、その先が・・・・・

じゃじゃじゃ~~~~ん


せ、専用


天然露天風呂



20060813214044.jpg


す、すごい・・・凄すぎるゾ、「郁金香温泉」。
とにかく、何が良いって、まず
①湯量!結構な大きさのこの湯船、あっと言う間に一杯になるんです。
②泉質!私、お風呂で○○が治る、なんて あんまり実感した事無いんですけど、
     ここのお湯、一回入っただけで妹のにきびが 確実に良くなっていたんです!    
     そして、パパの水虫本人いわく、ただのカサつき?!が、消えちゃったー!!!???
もう、こっからはジャイトン家三人、入りまくりーー(笑)

板を浮かべて、飲み物飲んだり~(よく、テレビで見るけど実際にやったのは初めて)
ロッキングチェアーで裸で寝たり~、
一服したり~、
半身浴したり~、
浮かんでみたり~、
最後はお風呂場の端にある水道ホースのお水を頭からかけつつ
「頭寒足熱」法をあみ出したり・・・・・。
その間、とにかくお湯はこんこんと出しっ放しーーーーーー!
これで、一晩800元はお安い(12000円)
会社名で予約すれば660元(9900円)
20060813214108.jpg


中国でこんなすんごい温泉に入れるなんて、も~~びっくりです。
上の湯船の写真をもう一度、よく、ご覧下さい。
色んな入り方が楽しめるように、中も工夫されてます。
また、天井がチョッとだけ開いてるのもいい感じです。


20060813214133.jpg


そして本日最後のビックリが・・・・

ガーーーンッ!!



20060813214328.jpg

ゆ、指輪、外すの忘れて、真っ黒にしちゃったーーー

どーーーーしよーー。パパに買ってもらった大事な指輪なのに。。。

そー言えば、かすかに硫黄の臭いがするお湯だったっけ。。。

よく読めば、この温泉、白亜紀時代の高ミネラル温泉で、ホウ酸、亜鉛などを豊富に含み、日本には無い泉質で温泉関係の視察団が多数訪れると言う。。。エ~~~~~~~ン

隠れて、あわててゴシゴシ



20060813214353.jpg

やった!元に戻ったんじゃない?!

ホッ。。。。。。よかった~。。。
(この後、二人にバカにされることしきり・・・凹)

・・・と言うわけで、明日は行きたくなった方の為に、ホテルに泊まる際のエトセトラをUPしますね。
何せ、ホテル自体は三ツ星☆☆☆なので、温泉は最高ですが色々と諸注意が。。。。あはは~

ではでは、明日に続くのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。